避妊にかかる病院費用を調査

病院で避妊を行う場合にかかる費用は、避妊の方法によって異なります。例えば、避妊を行う人の多くは、低用量ピルを服用する方法を選択しますが、この場合だと薬代、診察料、検査料、処方料の合計が避妊にかかる費用ということになります。どの費用も診察を受ける病院ごとに異なりますが、診察料については1,000円前後、薬代については1シート(4週間分)で2,000~3,000円程度が相場となっています。低用量ピルによる方法に不安がある人の中には、多額のお金を用意して病院での施術が必要な方法を選ぶ人もいます。例えば、避妊リングを装着する方法では、銅付加型のものであれば、施術料や検査料などを含めると30,000~50,000円程度、ホルモン付加型だと50,000~70,000円程度の費用がかかります。器具の中には健康保険を適用させられる製品がありますが、これは過多月経の治療に用いる場合に適用できるものであり、避妊目的で器具を挿入する場合は保険は適用されず、費用の全額を自己負担する必要があります。また、手術による方法を選択する者もいます。手術によって避妊をする場合によく用いられるのは卵管結紮術と呼ばれる方法ですが、これにかかる費用は手術を受けるタイミングによって異なります。最も安く済ませられるのは帝王切開による出産のついでに実施する場合で、出産費用に50,000円程度を上乗せするだけで卵管結紮をしてもらえます。これ以外のタイミングだと相場は100,000~200,000円程度となり、手術の工程が増えるために費用も多くかかるようになります。避妊を行う際には、将来出産をする予定や意思があるのかどうかや、十分な費用が用意できるかなどを考慮して方法を選択する必要があるでしょう。

避妊薬を購入するなら病院と通販どっち?

避妊薬を入手する方法は、主に2つあります。一つは病院に行って処方してもらうと言う方法です。この方法の大きなメリットは、薬に関する注意点を口頭で教えてもらう事が出来ると言う事です。また処方する時には体の調子等も見てもらう事が出来るので、安全に利用する事が出来ると言うメリットもあります。しかし病院で処方してもらうと言う事はその為に何時間も待たなければいけないと言う場合も少なくありません。さらに最初に検査を受ける必要があるので、病院に行ったらすぐに処方してもらう事が出来る訳ではないと言う事も知っておきましょう。二つ目は通販を利用すると言う方法です。とはいっても通販の場合は、国内の通販ではまだ避妊薬の扱いはないので、海外医薬品を個人輸入する事になります。個人輸入は輸入代行業者のサイトを通して行う人が多く、この場合は日本国内でネットショッピングを行う時と同じ様に購入する事が出来ます。勿論病院に行く必要が無く、処方箋も必要ないので待ち時間も少なくなります。これが海外医薬品の個人輸入を利用する方法の大きなメリットだと言って良いでしょう。また、病院に行く時に比べると費用も安くて済むので、経済的な負担が軽減されます。しかし病院で説明を受けてからの利用となる訳ではないので、もしかしたら自分の体質に合っていないかもしれません。全ては自己責任で服用する必要がアリ、さらに利用したサイトによっては偽物を購入してしまう可能性もあるので十分注意する必要があります。病院にするか通販にするかはその人自身が決める事だと言って良いでしょう。ただ適当に選ぶのは良くないので、どちらのメリット・デメリットも良く見て自分に合う方を選ぶと言う事が重要です。

避妊薬を安価で購入するための手引き

低用量ピルのような避妊薬をつかって避妊を試みる人の中には、長期間服用を続けている人も少なくありません。避妊薬を長期間使用し続けるとそれなりに多くの費用が必要となりますが、この費用をできるだけ安く済ませたい場合はどのような方法をとれば良いのでしょうか。まず、避妊薬を安く手に入れようと考えている場合は「日本の医療機関に行って医師の処方を受けた上で手に入れる」という選択肢は外すべきでしょう。婦人科で避妊薬を手に入れようとすると、薬代だけでなく、診察料や検査料、処方料などといった費用も出さなければならないからです。日本の医療機関に行かずに手に入れるには、外国製の避妊薬を個人輸入する必要があります。近年は、インターネット上で注文を受け付けている個人輸入代行業者が増えており、取引のシステムも整備されてきたため、医薬品の個人輸入も安全かつ容易にできるようになりました。個人輸入代行業者を利用するメリットは、先発医薬品だけでなく後発医薬品も多数揃っていることで、中には1,000円をきる価格で販売されている製品もあり、送料などを含めても日本の医療機関より安く手に入れることができます。個人輸入代行業者から避妊薬を手に入れる場合、基本的にはサイトの指示にしたがって注文をして、代金の支払いをすれば良いだけですが、いくつか留意しておくべき点があります。まず、まとめ買いはできますが、個人輸入できる医薬品の数量は限定されているため、一度にたくさん注文しても、自宅には何度かに分けて届けられることになります。また、個人輸入した医薬品の使用が原因で起こった身体の異変に対しては、すべて輸入者自身の責任となります。自分で管理して飲み続けることに不安を感じるのであれば、日本の医療機関で避妊薬を手に入れるようにしましょう。
■低用量ピルは排卵を防ぐことで避妊の効果が期待できます
マーベロンは通販で購入できます