アロマやフラコラ、避妊薬に女性ホルモンを調整作用?

女性は卵巣から「黄体ホルモン」と、「卵巣ホルモン」という2種類の女性ホルモンが分泌されています。
これらの女性ホルモン量が変化する事によって、排卵したり生理となるのです。
女性ホルモンのバランスが整っていると、精神的にも落ち着き、肌のハリツヤも良くなると言われています。
しかし、現代の女性は仕事や家事、育児などで強いストレスを感じがちです。
ストレスは女性ホルモンのバランスを崩しやすく、それによって様々な体調の不良を引き起こしやすくなるのです。

症状としてはイライラする、疲労感がある、また大人ニキビも女性ホルモンバランスの崩れから起こりやすくなります。
辛い症状を招く原因にもなるので、対策を行う事がおすすめです。
アロマセラピーは女性ホルモンのバランスを整えたり、女性ホルモンの分泌を促す作用があると言われています。
ストレスで疲れが溜まっている時も、アロマセラピーであればリラックスできるでしょう。
ローズやイランイランといったアロマオイルは、女性ホルモンに作用すると考えられています。

また、フラコラというメーカーから発売されている、プラセンタサプリメントも女性ホルモンバランスを整える効果が期待できます。
プラセンタクリニックでも、実際に女性ホルモンバランスを整える治療に用いられている成分です。
女性ホルモンバランスを整える効果の他に、アンチエイジングや美白といった美肌効果も持っています。

以外かもしれませんが避妊薬であるピルも、女性ホルモンのバランスを改善する効果を持つ薬です。
服用する事によって体内の女性ホルモン量が一定になり、PMSなどホルモンバランスの乱れで起こりやすい、女性特有の症状を緩和してくれます。