救急で避妊を開始するのなら

今の時代では、男性と女性の性交渉の伴う妊娠を避けるために避妊をするのが普通のことです。その方法はいろいろあるのですが、一般的に日本で知られるのがコンドームの使用になります。これは男性側の協力が必要であるので、理解のあるパートナーではスムーズでしょうし、性感染症の予防にもなるのです。
また、女性が自分の身を守るために行う方法として低用量のピルを服用するという方法もあるのです。低用量のピルというのはホルモン剤の入った錠剤を毎日飲むことでホルモンバランスを整えることができるようになるのです。生理周期を28日間に固定することができて排卵を抑えることができるということで、多くの人が利用し始めているものでもあります。その効果は正しい服用によってほぼ100%に近い状態であって、かなり効果的であるといわれます。
しかし、時に避妊に失敗してしまうということもあるのです。例えば、コンドームが破けてしまったり、相手が協力的でなかったり、ピルを服用していても飲み忘れてしまった時間が経過してしまった時など、性交渉をすることで妊娠の可能性が高まるのです。もしも妊娠したかもしれないということがあったら、緊急用のピルを服用するという方法があるのです。
これがモーニングピルとか、アフターピルといった言い方をする避妊薬になります。救急で服用することになるので、妊娠してしまったかもしれないという時にはすぐに医療機関にかかって服用を開始する必要があるのです。
通常、性交渉のあと72時間以内に服用することで高い避妊効果が見られるので、服用が早ければ早い方がいいといえましょう。すぐに医療機関に相談に行くことがポイントになるのです。