避妊薬を服用中の人と喫煙者は亜鉛を摂取する

避妊薬を服用している人と喫煙者は亜鉛を多く摂取するのが良いです。避妊薬は女性ホルモンを増やす作用がありますが、血中にエストロゲンの量が増えると銅過剰になることがあります。銅は赤血球を形成するのに使われるので、人間にとって必要なミネラルと言えます。しかし銅が亜鉛よりも多くなると感情を暴走させて、イライラやうつ状態などの精神的な症状が出ます。体にストレスがかかるとメタロチオネインというタンパク質が肝臓で作られます。亜鉛はこれを合成するのに使うため、不足するとストレスに対抗できなくなります。また喫煙すると体内で活性酸素を増やします。活性酸素は健康な細胞を傷つけてガンや老化を進行させる危険性があります。活性酸素を除去するのは亜鉛なので、より多くタバコを吸う人は不足する傾向にあります。亜鉛は毒性が非常に低いミネラルなので、食事から摂取すれば過剰摂取にはなりません。銅とのバランスをとることで体の機能を正常にします。亜鉛を多く含むとして有名なのは、海のミルクと呼ばれている牡蠣です。可食部100g中に13.2mgも含まれています。しかし牡蠣は毎日摂取できるものではありません。日常的に食べられるものは大豆製品や卵の黄身です。また日本人の主食であるご飯やパンからも摂取できます。ダイエット中や加工食品ばかりを食べていると摂取できないので、できるだけ自炊して栄養バランスを整えます。動物性タンパク質と一緒に摂取すれば、吸収率を高めることができます。亜鉛を吸着して体外に排出してしまう食物繊維や、インスタント食品に多く吸収を妨げるフィチン酸が吸収されるのを防ぐためです。その中で牛肉には亜鉛が豊富に含まれています。